神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
ようこそ!
at 2018-10-26 15:28
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2018年 10月
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:+goods( 14 )
ボーダーブレイク -BORDER BREAK- へ
「ボーダーブレイク」-BORDER BREAK-とは

世界中から集まった珍しい熱帯植物が集まる展示即売のイベントなんです。

が、といっても、僕の好きな植物は、

多肉と呼ばれるジャンルの中の一部である塊根系などなどを

ちょっとかじった程度なので、実際に行くと、実に多彩でマニア度が非常に高くて

多種多様過ぎて、亜種である変種品種が所狭しと展示販売されていて、

なかなかすごく深く、、、deepな世界が広がっていました。

ですが、普段、雑誌や写真、ネットで見ていた植物が目の前にあったりと

すごく興奮しました。

実際目の前で見ると植物たちの表情やテクスチャーは実に複雑で魅惑的で、

ついつい引き込まれてしまいます。街中植物園に入った気分になります。

福島、“PINEBROOKLYN”にて
f0220188_15160167.jpg
f0220188_15160156.jpg



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-12-10 15:17 | +goods | Comments(0)
本日の収穫
旅先で見つけたアンティークのマラカス。

乾いた音色が、心を軽くしてくれる

これから活躍してくれるだろうか
f0220188_17573871.jpg

[PR]
by yamamoto-archi | 2015-05-18 17:59 | +goods | Comments(0)
プランターハンガー製作
今日は業務の合間に事務所前の玄関前に置くための花台の製作です。

手摺にかける用の花台ですが、シンプルな形なので格好よく見せるのが難しく、

人の目線や花の高さ、成長も考慮して長さを設計します。

ごくごく小さなものの製作ですが、設計の奥深さが感じられます。

木材は12mm幅の木を採用。落下防止のための強度も考慮しないといけませんからね。

コーナンで設計通りに木をカットしてもらうつもりでしたが、

指示するのが難しく何度か失敗してしましました。

驚いたのが、木材1カットにつき20円お金がかかるということ。

こんなところにもお金がかかるなんて知りませんでした。

木材をいかに効率よく使うか、カットの数もいかにして減らしていくか、

増々奥深いのです!

カットした木材がこちらです。

f0220188_18064068.jpg
どれがどこの部位か間違えないように気を付けないといけません。

まずはこのカットした木材をやすりで削ります。

地味だけど大事な作業です。

ささくれで手を怪我しないように気をつけながらコツコツ作業を続けます。

次はいよいよ組立作業。

1個分しか用意していませんので失敗は許されません。

どんどん形になっていくので一番楽しい時ですね。

初めてのビスは難しすぎました。

曲がってしまうし、そもそも打ちこむことができない。

すぐに完成すると思いきや、やっとの思いで、、、よしっできた。

f0220188_18064187.jpg
次は塗装です。

しっかりヤスリで磨いたので塗りやすい!

木の繊維に添って塗らないと違和感がでてくるので

細かいところも注意しながら塗っていきます。

内側をキレイに仕上げるのが難しいです。見えないところも気は抜けません。

完成に近づけば近づくほどかわいく見えて仕方ないなぁ。

完成!!ジャーン!!

f0220188_18064107.jpg
お花や植物が引き立つ灰色。水捌けも考慮して、底はこんな感じになっています。

アプローチに“手づくりの何か”があると愛着がわいて毎日がウキウキですね。

f0220188_18064151.jpg

ちなみに映っている植物は

手前は、亀甲竜(キッコウリュウ)

奥は、幻蝶かずら(アデニアグラウカ)という植物です

〈スタッフ 橋本〉



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-05-11 18:15 | +goods | Comments(0)
ミルクブッシュ
事務所にある、ミルクブッシュです。

別名:アオサンゴ(青珊瑚)

夏に入り、枝振りも広がっていい感じになってきました。

stemのマンゴーの木をくりぬいた鉢もマッチしてかっこいいです。

f0220188_17342519.jpg
f0220188_17342598.jpg


[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-17 17:35 | +goods | Comments(0)
AUTOBOY
f0220188_18242064.jpg


CANONのフィルムカメラのオートボーイN105です。

フィルムの抑え部分が壊れたのだけど、どこにどう装着していたのかがわからず、

カメラ屋さんへ。

というのも、これを昔、親に譲って長年使っていた母が、ある時「壊れたのだけど?」

といいながら、このとれた部品といっしょに渡されながら直してほしいといわれ、

どうもこうも、どこについていたのかがわからず、ついほったらかしにしてたのを

思い出したように、修理しようと思い立ったのです。


神戸元町のカメラ屋の“カツミ堂”の店員さんが親切にもいろいろと教えて下さり、

部品の位置と原因が判明し、とりあえず僕が、素人修理をすることになりました。

にしても大事な部品にも関わらず、あまりにもあまい取付方法なのだとと知り、

ちょっとびっくりで、ほんと困ったもんです。


これでメーカーに修理お願いするのも余分な費用が掛かりそうで、判断に迷います。。

ただ、自分で修理しなおすことができる余地があるのも、アナログ製品の

いいところなのだと改めて感じます。

もちろん、弄ってこわれても自分のせいですけどね。


こうやってフィルムのカメラの愛用者がいる限りは、メーカーさんにはユーザーを

大事にしてもらいたいですね。

というのが、一ものづくりの立場としての感想です。
[PR]
by yamamoto-archi | 2013-01-29 18:26 | +goods | Comments(0)
名刺ホルダー
こんな回転式の名刺ホルダーって使いやすいのかな。
f0220188_1193380.jpg

こんなやつかな“ローロデックス 回転式”

増えていく一方の名刺に一石を投じたい。
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-09-10 10:53 | +goods | Comments(0)
フリクション
f0220188_14521397.jpg


今回の物件でお世話になっているエレベーター屋にPILOTのフリクションボール

ボールペンをいただいた。

初めて手にするフリクションボールペン。いままで使う機会にめぐまれなかった。

というよりこのところOHTOのニードルボールペンに没頭していたので

ノーマークだった。

で、このフリクションボールが思いのほか使いよく。太さというか、紙の上での

滑り感と、インクの残り感がすごく好みだったので、3色タイプを探したところ

ちょうど新発売されたということで、早速購入!

普段使うものだから、それだけに自分の感覚をすっきり、無駄なく体現できるものが

いいなと思ったりもするのです。
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-12-26 14:53 | +goods | Comments(0)
ハクキンカイロ
f0220188_12263433.jpg


今日のような極寒のときはこれですな。

USBのカイロより、使い捨てカイロより、

酢酸ナトリウム水溶液を使ったカイロより、

あったかいし、長時間持つし、時間も調整できるし、エコだし。

という、ハクキンカイロ
年配の方は懐かしいねえ。と言うし、若い人にはレトロで新鮮に感じる。

んで、真鍮の本体の造形にもなかなかミニマムな機能美を備えてる。

なにより、ここ2、3年使っているけど、便利で経済的ですよ。

f0220188_12265351.jpg


これが着火点。ハクキン→白金→プラチナ。

プラチナとベンジンの触媒燃焼で発熱する仕組み!
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-12-24 12:27 | +goods | Comments(0)
050が熱い
うちの事務所ではもちろんFAXは使うけれども、そのウェイトは多くの場面で

メールでのデータのやり取りで事足りている。

けど、かといってFAXがなくてよいかと言われれば、そうでもないのが現状。

ということで、うちでは、NTTコミュニケーションズの「050グリーンFAX

というのを利用している。

f0220188_12173923.gif


こんなマークは見たことないでしょうか?

いかにもECOなこのマーク

利用すると、例えば、うち山本建築設計事務所のFAX番号である

050-3737-1918にFAXすると、指定したメールアドレスに受信が通知され、

内容がわかるようになっている。

なにより紙に印刷しなくても内容が確認できるので、

印刷代というのがかからないということ。もちろん印刷もできるし、必要なページ

部分だけというのもできるし、仮にFAXを失くしても何度も見れる。ことと、もひとつ、

自分的に結構重宝しているのは、場所を選ばず受信できるし、パソコンさえあれば

ログインして内容が確認できるということが大きい!

あらためて番号を指定して送ってもらうことをしなくてよいのだ。

欠点をいうとすれば、FAXを受信して、必要だからと印刷し内容を把握するまで

従来のFAXの方法より時間がかかるということ。電話で「FAXを送ったのですが、

届いていますでしょうか?」の時、瞬時に反応できないのは申し訳ないなあ。

だけど、いまのところこんな程度。結構満足している。




>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-10-03 12:21 | +goods | Comments(2)
三菱色鉛筆
f0220188_21142996.jpg


いつも家で何気に使っている三菱色鉛筆の850級の12色。

ふと裏を見てみると、






f0220188_2114416.jpg


ん!? 4-3って。

計算すると、かれこれ20年以上の付き合いだってことがわかる。

きちんと名前も書いてあるし。えらい!






f0220188_21145567.jpg


そしてしっかりベルマークも切り取られています。

今って、ベルマークついてるのかな。







f0220188_2115664.jpg


貧乏削りも健在です。

特に大事に使ってきたわけではありませんが、急に愛おしくなりました。

12色だと少し色数がもの足りない感じするけど、工夫して使えば多彩なものが

出来上がるのを教えてくれたのもこの色鉛筆だったのでした。
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-07-09 21:23 | +goods | Comments(0)