神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
ようこそ!
at 2018-10-26 15:28
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2018年 10月
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:::材料( 9 )
日干しレンガ
日本における古くからあり、今なお多く使用されている建築材料に

木材ともう一つある。それは土である。

その土を使った日干しレンガをつくってきた。

これはあるものを修復するために使用されるもので、その修復に

携わさせていただいている。

梅雨が明けた当日のひたすら暑い中、泥んこ遊びというような雰囲気で

ひたすら日干しレンガをつくっていく。


日干しレンガとは??

-------
日干し煉瓦は、粘土を固めた後に天日乾燥させて造る煉瓦である。よく成形して乾燥させた日干し煉瓦は、見かけ以上に耐候性に優れ、普及している地域には希な規模の集中豪雨や長雨に晒されない限り、建設資材としての機能を保持し続ける。地震に弱いという欠点もあるものの、乾燥地帯では理想的な建築材料の一つであり、現在でも広く使われている。
-------
f0220188_18575301.jpg
f0220188_18580390.jpg
粘土と砂を足で混ぜる。

今回は機械ではなく、伝統的な方法。

すなわち己の脚のみで捏ねていく。


不思議なことに、土に触れていると、いや、土と戯れていると、

身体の熱が土に奪われていくように涼しく。そして心地よい。

もちろん僕、やまもとも全身泥だらけなのだが、

作業中は夏の太陽のうだるような暑さほどには、

体には全然感じなく、皮膚感は涼しい。

これも蔵などの壁に土壁として土が厚く使われている理由が

身をもって知ることができる。

f0220188_18580758.jpg
捏ねた土は、木材で作った型枠に、空気が入らないようにつめていく。


f0220188_18582205.jpg
ひたすら、ひたすら入れていく。




f0220188_18582238.jpg
じゃーん!



f0220188_18582216.jpg
本日作ったのは総計、728個。

これでも入用の数からみれば全体の1/3程度なのである。





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-22 19:18 | ::材料 | Comments(0)
作業場のある事務所
今日は、事務所でDIY(Do It Yourself)するためコーナンへ

材料自体はそんなに多くないので、持って帰りやすくするため

買ったものをコーナンで工具レンタルし、その場で採寸、墨出しし、カットしました。


f0220188_16430738.jpg


その後、事務所で組み立て塗装して完成。

当事務所には土間があり作業場として使えるためメッチャ便利です。

いまはどんどん植物が増えていってる状態です!




[PR]
by yamamoto-archi | 2014-04-02 17:45 | ::材料 | Comments(0)
島キッチン屋根
f0220188_13414326.jpg
豊島にある島キッチンの屋根はいいなあといつも思う。

建築のシンプルさを教えてくれるし、

普段の業務で凝り固まった建築脳をほぐしてくれる。

「壊れたら、直したらいいじゃん」という当たり前の価値観である

原点に戻してくれる。
f0220188_13414609.jpg


これは焼き杉といい、杉板の表面を焼き、炭化させ、

その後余分な炭を研き、洗い落とした材料です。

表面を炭化させることで、杉板の耐候性・耐久性がアップします。

外壁や屋根に、昔は住宅に一般的に使用されていた材料です。

もちろん今現在でもふつうに使われていますし、

インテリアとして深みが出するので

店舗でもうまく使用されている例がたくさんあります。

以前一度、山本建築設計事務所で

提案として焼き杉を造ってみたことがあります。

この時は、内装として使用したので、焼き加減は抑えて、

最後に含浸性の木材保護塗装を施しました。

いい感じに仕上がりました。

感覚としてはエイジングをしたようなイメージになり、

材料としての表情が格段と増しました。
f0220188_13414810.jpg
△バーナーで焼いたところ。これは杉の床材を使いました

f0220188_13415146.jpg
△左の杉板が塗装前、右の板材が木材保護塗装後です。





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-03-31 13:47 | ::材料 | Comments(0)
revigres-レヴィグレスタイル
雄山株式会社の方がタイルを持って山本建築設計事務所に来て下さった。

このポルトガルのNo1のタイルメーカーでもあるrevigres-レヴィグレスが

またすばらしい。

最初におっしゃったのが、

輸入品のタイルにありがちな寸法精度と思わないでください。

というのと、

タイルとは思えないほどの、練り込みタイル特有の奥行きのある表情を持ちあわせている

ので、石の代替え品と思わないでください。

ということ。

f0220188_11301266.jpg


f0220188_1130136.jpg


実際見させていただいたが、よく高級石を模倣したタイルはよくあるが、

それとはまた違う、僕な好きなテイストであるマッシブな様子も覗えるし、

素材感に工場生産とは違った、熟練の職人の手あかが残ったような

(もちろんいい意味で)テクスチャがすばらしい!

ぴちぴちの若さではないが、 大人の上質な雰囲気を演出できる質感が

じわじわと伝わってきます。

現在、“DUAL”という種類の見本タイルを発注中です。

これをプロジェクトに使えたら、いい空間が出来上がりそうです。






>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
>マイベストプロ神戸
[PR]
by yamamoto-archi | 2013-05-11 11:32 | ::材料 | Comments(0)
シェフレラ・アルボリコラ
部屋に合う、観葉植物を探すため、いろいろ見て回りましたが、

結局、初めて伺わせていただいた「PLANTS PLANTS+flowers」さんにて

仕入させて頂きました。

希望の樹高(1m程度)や葉ぶり(腕の輪程度)など、葉の持つテイストなんかを伝えると、

しっかりと対応していただき、またいろいろと教えてもらったりと非常に助かりました。

そして、値段をみると他店と比較してもリーズナブルでした。

そして、そして、なにより、ここに来ると、まるで植物園に来たような雰囲気で、

それだけでも来る価値がありました。

f0220188_14375562.jpg


最終的に、広く親しまれているパキラと悩みましたが、葉の広がりがきれいな

シェフレラ・アルボリコラを購入しました。

ちなみにシェフレラとはこんな植物→“プロトリーフの観葉植物ブログ”さんを引用

カポックともいうようですが、ネットで検索してもシェフレラといっても色々と種類が

あるようで紛らわしい。勉強が必要ですね…

仕入れたのは、「シェフレラ アルボリコラ」というやつで、放射状に広がる葉が印象的。
[PR]
by yamamoto-archi | 2013-05-07 14:42 | ::材料 | Comments(0)
エッグウォール
日本エムテクスの“エッグウォール”がにわかに注目を集めているようです。

マヨネーズ等の製品を製造する際に使用する卵の殻を使用した壁紙なんですが、

消臭性能

調湿性能

があり、施工の時には、でんぷん糊を使用することにより、より、より、室内の空気環境に

気を使った設計、空間づくりができます。

I邸設計時にこのエッグウォールライトを提案し、

実際、採用しましたが、意外にローコストでうまく使えば効率よく、デザイン的にも塗壁

のように仕上がり、施主にも満足して頂けるのではないでしょうか。

f0220188_1722047.jpg


東洋経済ONLINEにも紹介されていましたね。

f0220188_1716444.jpg

>サイト

フムフム

口コミというか評判は上々のようです


>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
>マイベストプロ神戸
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-12-12 17:06 | ::材料 | Comments(0)
UNION
ユニオンのカタログがひとまわり大きくなっていますね。

見やすくなりました。

f0220188_12315546.jpg

f0220188_12315844.jpg

ドアのハンドルや、取手など、建築金物を扱っています。

すごく洗練されたデザイン性の高いものが多いので重宝しています。





>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
>マイベストプロ神戸
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-10-04 12:33 | ::材料 | Comments(0)
Forbo
待っていた「forbo」のカタログ。

f0220188_16393614.jpg


でも、ほんとはカットサンプルがほしかったのでした…。

非塩化ビニルでもあるリノリウムは床材としてだけでなく、furnitureでも使える

ものがあるので、環境にいいものを家具にも使えるのはありがたい。

名前に似合わず、天然素材でできているのですよ。

リノリウムとは…?
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-09-07 16:40 | ::材料 | Comments(0)
PlanetJapan
本日営業で来所していただいた。

f0220188_1934898.jpg


新人っぽい方と、部長の2人での事務所への訪問でした。

塗料、壁塗り材の販売業の「プラネットジャパン

内装用のしっくいである「プラネットウォール」と、

木部用の塗料で、クライデツァイトと共同開発した「プラネットカラーシリーズ」を

プレゼンしていただいた。

非常に興味深いし、床と壁は、すまいで一二を争うほど触れる回数が多い箇所なので、

材料選定には細やかな神経を使う。絶対的にこれがいいというのが難しいのが現状。

それは、そこに住まう人によって“良い”と思う基準が全然違うため。

お客さんによって求める品質が全然違う。

その要求に応えるには、いろんな材料と、手法、処理を知っておくことが重要。

とくに、ローラー塗のできるということと、下地が紙下地というのも特徴だと。

いろいろな仕上げのサンプルも頂く。その中のスタイロフォーム仕上げってというのも

これまた一興。
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-07-03 19:35 | ::材料 | Comments(0)