神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
ようこそ!
at 2017-06-08 09:12
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Q-2 まだ設計事務所にお願いするかどうかも未定ですが相談にのってもらえますか?
A-2

疑問点や要望事項、自分ではまだ気づいていない希望や選択肢、また、自分では無理だと思いこんでいたことに、解決方法が見つかることがよくあります。まずはお問い合わせ下さい。


>山本建築設計事務所のwebsiteへ

>Q&Aへ
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-02-28 16:06 | ◇Q&A | Comments(0)
Q-1 そもそも設計事務所や建築家の仕事がよく分からないのですが...?
A-1

設計事務所や建築家は、建築主の“思い”を“かたち”にすることが仕事です。

まず、建築主にお逢いして、住宅であれば、家に対する夢や、住むことに対する要望事項、、趣味や嗜好、ライフスタイルをお聞きします。また、実際の敷地を現地で見せていただいた上で、その特性を読み解きながら、敷地に対する法的制限、建物に対する法的制限を踏まえ、具体的にプランを提案し、このプランをもとに打ち合わせや検討を繰り返しながら、より詳細にプランを積み上げていきます。この段階で、設計監理委託契約を結んで正式に設計をさせて頂いています。

流れとしては、基本設計・実施設計、工事監理があり、基本設計では、建物の間取りやかたちを比較的大きな縮尺で示しながら、規模、構造の概要計画をまとめ、その後、実施設計で、より細かい、意匠・構造・設備の図面や仕様書をまとめます。

このように作成された“設計図書”が、施工業者(工務店)に工事発注するための図面となります。一般的には、複数の施工業者を選定し見積もりを行い、各施工業者からの見積もり内容を比較検討した上で、1社に絞り、工事請負契約を建築主と工務店を締結します。設計事務所はそのサポートを建築主の立場に立ちながら行います。また、建築確認申請など、法的な申請が必要なものがあれば、設計事務所が建築主から委任され申請書を作成します。

着工したあとは、工事監理という、建築主に代わり、適正に、そして設計図書通りに工事が行われているかを確認する業務を進めていきます。工事が完了した時には、完成検査を建築主と共に行い、工事の完成をチェックします。

以上の設計と監理の大まかな流れですが、デザインや法的要素、構造などの技術的要素、資金などの制約、制限を、建築主の一緒に、時には代わりに全面的にサポートしていくことが、建築設計事務所や建築家の仕事になります。もちろん建物完成後のアフターケアやメンテナンスの相談もお気軽にして頂くことも出来ます。そのような、建物をとおして建築主との出会いから、ライフスタイルまでサポートをしていきます。


>山本建築設計事務所のwebsiteへ

>Q&Aへ
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-02-28 15:39 | ◇Q&A | Comments(0)
模型作業1
ただいま進行中の某保育園のプロジェクトです。

f0220188_12384644.jpg


↑1階と2階分解した模型

模型にも種類があり、今回のこの写真は建物だけの模型ですが、スタディ模型といい、建物だけの形だけでなく、道路との高さ関係、隣の建物との位置関係の確認など、廻りの環境とどのように合わせ、また、溶け込ましていくか。時には、うまく主張させ、今回の例でいえば建物として、地域のまちなみに貢献していくかが、ポイントになります。ボリューム模型ともいいます。
もちろん建築主にも見てもらい、これから計画し、できようとする建物のイメージを共有することが大切なポイントとなります。また、設計者自身が、建物を立体として頭の中にあったイメージだけだった物を確認する上でも意味があったりします。こういう風に、かたちになって現れると、建築主も、もっとこうして欲しいなど、要望や意見も活発になり、打ち合わせにも活気がでてきます!

この建物の模型に敷地模型をあわせて検討します。 >この敷地模型はこちら

他にもプレゼンテーションとしてつくる模型もあり、その場合着色したり、縮尺を大きくしたり、詳細な部分までつくりこんだものもつくったりします。その模型はまたブログご紹介できたらと。



f0220188_1253710.jpg


↑1階2階バルコニー部分を目線にあわせて撮影。道路から見える風景。塀を計画するのか?するなら、高さは?素材は(フェンス・コンクリートなど)?格子はどうか?植栽でいいんじゃないか?などいろいろ発想が広がります。


f0220188_12583561.jpg


↑人(170cmほど)の模型もつくり天井の高さを、客観的に確認

f0220188_1304013.jpg


↑ひな壇上になった保育室とホールとの関係を確認

f0220188_1333923.jpg


↑アプローチを道路から見る。駐車場があることにより、玄関が息苦しくならないよう配慮しながら計画。

f0220188_1363581.jpg


↑1階と2階の関係を確認。高さやバランス、人と建物の空間構成をみます。実際は、天井懐があったりするので、そういったことを説明しながら段階を踏みながら、ぼやけていた建物のイメージを模型でフォーカスさせていくことにより、図面に反映した時点でうまくわかっていただけます。



今回紹介させてもらった模型での確認作業は、一例であり、建物の種類(住宅・店舗・事務所など)によっても模型での作り方や大きさなど打ち合わせの方法が違いますし、規模や立地条件によっても変わります。また、工種(新築・増築・リフォーム)によっても、それぞれ表現するための得意なツールがありますので、うまく建築主の感覚や心に届くような方法を探りながら、進めていくことが重要だと思っています。そういったことも、今後このブログで紹介します。
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-02-28 13:41 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)