神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
ようこそ!
at 2017-06-08 09:12
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
いまこの瞬間
f0220188_22431494.jpg


VSパラグアイ

もう一度この歓喜を!

by稲本
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-29 22:45 | +日々のこと | Comments(0)
夏ジョギング
f0220188_21201874.jpg


夏場にはしるのがほんとに辛い。

高校時の部活動を思い出してしまって、少しむせてくるような感じだ。

それでも走るのは、日頃の不摂生と、ビールでとった水分をチャラにしたいため。

それに、汗だくなった後の、風呂は全身の毛穴汗腺がさっぱり気持ちがいい。


新書「3時間台で完走するマラソン」を読み、身体からでなく、頭でもフルマラソンを

完走できるようにと読んでるけど、新書という特性かもしれないけど、

すごくわかりやすく書いてくれている。トップアスリートでも取り入れられている

ようなことと、同じレベルで、サブフォーを目指す僕たちに同じように語りかけて

くれるのは、このまま信じてやっていいのだという気持ちにさせてくれる。

前回に続いて、第3章ではレースマネジメント。その中でもペース配分のことが

約半分さいて書かれている。嫌でも重要なことがわかる。

そして締めくくりとして、書いているのが、

「いくら調子がよくても、トレーニングで走ったこのあるペースでしか、

絶対に完走できない。マラソンにビギナーズラックやまぐれはない」のだと。

当たり前のことだけど、深いと思う。もう少し理解するために掘り下げたい。


【本日走行距離約6.5km】(キョリ測調べ)
【所要時間約35分】



>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-29 21:22 | +目指せ!フルマラソン | Comments(0)
告白
f0220188_2084148.jpg


告白の思っていた以上の展開と映像にびっくり。

基本的に原作を知っている場合を除いて

予備知識は入れずに見ることが多いのだけど、

映像の密度とか、台詞とかの迫り来る感じ、告白の主語は?

ストーリーを追いかけるだけで、僕は結構必死でした。

でも最後には、すごく考えさせられるように出来ていて、

と、監督・脚本の中島哲也も、断定させない。余白。という言葉で

全部を描かない。観客を信頼しているとのべている。

いったい誰が本当の被害者なのか?すごく客観的に描かれているので

見る人によって、共感する、感情移入する立場が変わるんだろうな。と

僕なんかは、登場人物が言っていることが全部疑いの目で見てしまっていって、

すっかり混乱への悪循環です。

そんな、あらゆる方向から考えることができる映画。


広告や公式ホームページのカラーはピンクなのにパンフは青なのはなぜ?



>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-24 20:14 | +映画のある日常 | Comments(0)
VSオランダ
f0220188_1051528.jpg

ちょっとドキドキしてきた。決戦当日

キーマンはやっぱり遠藤でしょ。

準備してきたものを出すだけだ。
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-19 11:04 | +日々のこと | Comments(0)
法規講習会
所属する兵庫県建築士会神戸支部と兵庫県建築事務所協会神戸支部で行われた法規講習会に委員として参加しました。

内容として前にいった講習と重なる部分がありましたが、神戸市の条例改正の解説も充分に時間を割いてあったので、個人的な仕事の範囲と異なるとはいえ神戸市で仕事している以上、把握する必要もあり密度の濃い講習となりました。

その中で、「神戸市総合設計制度の一部改正」については、まだ準備が整っていなく後日また発表させていただきますということで、残念ながら今回の講習会では中止になってました。


ここからは、情報整理として書きますが、

「建築確認手続き等の運用改善について」

「改正省エネ法の施行について」では、
・大規模な住宅、建築物(2,000㎡以上)に係る担保措置の強化
・一定の中小規模の住宅、建築物(300㎡以上2,000㎡未満)も届出義務、定期報告の対象に追加
といった、より環境への意識の高い設計が求められるようになったこと、

「神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例の一部改正について」では、近年、多数の死傷者を出しているカラオケボックスや個室ビデオ店での火災を背景とし、これら個室集合型店舗に対し、神戸市では全国に先駆けて、神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例を一部改正し平成22年7月1日より施行される規制強化される条例内容として、
・個室ビデオ店等とは
・個室ビデオ店等の廊下、避難経路、階段、個室の定義の規制内容
などを、例を交えながら解説していただきました。

「最近の消防法令の改正について」では、神戸市火災予防条例の一部改正がありました。
・自主防火管理体制の強化
・可燃性発砲樹脂の内装表示マークの掲出
については、工場、作業所、倉庫という防火対象物の管理に対する規制の強化と、ウレタンパネル等のような可燃性発砲樹脂を使用した内装材の周囲にて火気を取り扱う場合には、火災予防上必要な措置として標識を掲出することの解説とともに、
・消防活動上必要な情報提供
ということで、FDカード(Fire Defense):企業のリスクアセスメントにより、事業所の構造、設備、収容物品の危険性と災害時の対策等、潜在危険を把握するとともに、各事業所が自主的に消防部隊に提供するシステム。についての説明があり、平常時の、従業員の防火や火気管理の意識の向上の啓発といった内容もありました。




>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-18 20:24 | ::ケンチクニュース | Comments(0)
潮芦屋文化交流施設事業提案協議
兵庫県芦屋市南浜町、海洋町で計画される潮芦屋文化交流施設の事業コンペを行いました。


<建物概要>
場所:芦屋市南浜町、海洋町
敷地面積:4570.15m2
構造規模:鉄筋コンクリート造2階建
1階床面積:868.43m2
2階床面積:487.74m2
延べ面積:1356.17m2


<提案内容>
「芦屋国際文化住宅都市建設法」という理念を基に、国際性と文化性にあふれた市民生活の創造をまちづくりの目標に、多様な世代や外国人市民、障害のある人達など、誰もが安心・安全で快適に利用できる拠点施設になることを目指した施設の提案です。

f0220188_23273420.jpg

鳥瞰パース

f0220188_23275127.jpg

広場パース


※追記 この提案は審査により残念ながら落選しました


>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-15 23:18 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
太陽の子/灰谷健次郎
f0220188_1859581.jpg

ふうちゃんが梶山先生へ手紙を書いている。

「…わたしをかわいがってくれる人を、わたしがよく知らないとしたら、

わたしはただ、人に甘えているだけの人間になります。

わたしをかわいがってくれる分だけ、つらいめにあってきたのだということが、

このごろのわたしには、なんとなくわかるのです。

…知らなくてはならないことを、知らないで過ごしてしてしまうような

勇気のない人間に、わたしはなりたくありません。…」

そこには、ちまたにあふれるやわな感動ではなくて、沸き立つような感動が、

全身を駆けめぐりました。

てだのふあ・おきなわに亭に集うひとたちは、それぞれやさしさの根底にあるものを

持ちつつ、思いやりもあるし、人を気遣う。

そしてふうちゃんは、自分の生が、たくさんのひとのかなしみの果てにあるのだと気付く。

ちょっと自分のあり方がかわっちゃいます。
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-15 19:00 | +book | Comments(0)
スイカ
f0220188_1852148.jpg
今年初のスイカ。

あまーくて、

みずみずしくて、

美味しかったよ。










f0220188_1852972.jpg
それ以上にスイカを見ると、

夏を感じて、清涼剤としては

最高の果物。

大人になると、

生きてきた経験値だけで

涼しくなれるんですね。









>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-13 19:07 | +food | Comments(0)
ソフィアのぞみ保育園
ちびっこ計画に設計協力させていただいた、大阪市南堀江にあるソフィアのぞみ保育園へ、竣工後3ヶ月ほど経ちある程度建物を使用して、使い慣れたであろうところで、使用感を含めて見させていただきました。

<建物概要>
場所:大阪府大阪市西区南堀江
規模:鉄骨造3階建の1階部分(96.06m2)の改修
用途:保育園
施工前はこちら

ご協力とともに今回撮影させていただいた、ソフィアのぞみ保育園と法人の皆さまありがとうございます。

分園ということで、とても小さな保育園ですが、その分密度の濃い設計と空間が出来上がりました。特に保育園というのは、こども達にとって(もちろんそこで働くおとな達も)、1日の半分、起きている間でいえばほとんどの時間を過ごす空間なのですごく神経をつかいます。一般の建物への配慮+部屋の広がり、材料の選定、使い勝手、安全対策etc…。それは、おとなの目線とこどもの目線、お母さんの目線、いろんな目線と立場がありますが、今回のそれは、とてもやさしく、やわらかい空間の保育園になったと思います。
住宅もそれは同じで、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、こども達。みんなの思いがつまった家が、いい家なんだと改めて実感しました。


f0220188_22332810.jpg

賃貸なので、少し外観はあっさりしています。ですが、全面にサッシを使用して、奥にまで光が行く届くようにしており、内部からの音、外からの音にも配慮したサッシとなってます。


f0220188_2235245.jpg

入ってすぐの風景。もうそこにはすでに保育の空間がありました。


f0220188_2238251.jpg

保育室の見返し。青色の壁がアクセントとなってやさしい空間になってます。


f0220188_2240428.jpg

壁面収納。たくさんの物を入れるために重要ですが、小さな空間を狭く見せない工夫でもあります。


f0220188_22422859.jpg

読み聞かせコーナーは、共用の階段下を利用した場所にあります。市松模様の床はコルクを使用。


f0220188_22435057.jpg

靴は、こども達がひとりで置けるように、イラストで表示。


f0220188_22521429.jpg

着替え棚。手前には幼児用便所があり、奥には厨房と大人用の便所があります。


本来、竣工写真は完成直後に撮影するのが通例ですが、建物の本当の姿を見せてくれるのは、実際に、住人が住んだ後であったり、スタッフが使い慣れた跡のみえる風景だと思います。もちろん記録としての竣工写真は重要ですが、建物はやっぱり人との関係ではじめてよくなるものだと思います。



>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-10 23:03 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
寄道
f0220188_14577.jpg


こんな天気もそろそろしばらく見納めかもしれない。

と思いながら、寄道。

f0220188_1484866.jpg


海側をみると、気持ちよい天気でしたが、くるりっと山側を見ると、

なんともごんたな雲たち。でも灘区ではよくある風景。

今日は特に雲のグラデーション、晴れと曇りのコントラストがきれいでした。

梅雨ももう間近。



>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
[PR]
by yamamoto-archi | 2010-06-09 14:13 | +日々のこと | Comments(0)