神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
ようこそ!
at 2017-06-08 09:12
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
タワーリング・インフェルノ
f0220188_1817166.jpg

知り合いの方から借りた「タワーリング・インフェルノ」のDVD。

建築家がストーリーに登場する映画。

その方は、子どもの時にこの映画を見て建築家という職業があることを

知ったということを教えてもらった。

建築家が描かれる映画で、僕のしっている中では「十二人の怒れる男」があるけど、

どうも、建築家という像は、冷静な判断と、行動力を持ち合わせたという描かれ方

をしているものが多い。あと、奇抜な表現をするとか。

が、この2つの映画の作られた年代に20年ほど差があるのはあまり関係ないが、

自分的には興味深い。

あと、CUBE、海辺の家、めぐり逢えたら、とか…。ほとんど海外映画。

ストーリーは、おもいっきり引用すると、

「アメリカ・サンフランシスコの新名所、138階建のグラスタワー落成式が催され、しかし、その真っ只中、ロジャー・シモンズ(リチャード・チェンバレン) が工事費を着服するために行った電気系統の手抜き工事が原因となり、81階の備品室でボヤ火災が発生していた。設計者のロバーツ(ポール・ニューマン)はオーナーのダンカン(ウィリアム・ホールデン)に135階の会場に300名の来賓を招いて開かれた落成式を直ちに中止するよう進言するが、ダンカンは全く耳を貸さない。そうしているうちに火災は序々に深刻の度を増し、落成式の会場に迫っていった。事態を重く見た消防隊のオハラハン隊長(スティーブ・マックイーン)は決死の救出作戦に出る。」

という、超高層ビルを舞台にしたパニック映画で、

ポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンが出演している、好きな人には

たまらないキャスティングと、この時代なのに、なのか、この時代だからなのか、

大がかりな特撮がけっこうすごい。ちなみに1974年制作。

しかしもって、子どもの頃の記憶というものは曖昧なもので、大活躍なのは、

スティーブ・マックイーン演じる消防隊長で、ポール・ニューマンは小活躍。

ちょっと、残っていた印象とはギャップがあったようで、

それを確かめるためにDVDを購入したみたい。

でもそれを含めて僕がよくできているなあと思ったのは、

火事が大惨事に陥っていく過程にヒューマンエラーが随所に描かれているところ、

炎が広がる条件や、その性格にビルの構造とか形にうまく絡めているところ。

そして、そこにポール・ニューマンが、的確に助言したり、行動するのは、

建築家本来の、職能を現しているような気が。建物の決して主役ではないという

姿が描かれているように見えます。
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-05-29 18:21 | +映画のある日常 | Comments(0)
香川
ジョージ ナカシマ記念館 と

イサム・ノグチ庭園美術館 をメインに

香川の高松市牟礼へ

まずは、うどんをはしご。

四国村に併設されたうどん屋、

f0220188_187695.jpg

わら屋で、生醤油で味わい。その近くの

f0220188_18335870.jpg

大木戸というお店で、ぶっかけで、

同じさぬきなのに、面の太さも、噛みごたえもちがって幅広く味わえた。


ジョージ ナカシマ記念館、イサム・ノグチ庭園美術館共、写真NGだということで、

雰囲気を伝えられないのが残念だけど、

とりあえずええ感じのロゴのチケットとか。

f0220188_1821418.jpg


f0220188_18342869.jpg

ジョージナカシマのコノイドチェアやベンチを座り比べできるという贅沢な体験を。

そして、その気にいった椅子を選びゆったりとした気分でコーヒーをいただいたり。

洗練されたデザインと、無垢の気の力強さ、暖かさと、卓越した日本の技術が、

コラボレーションされた家具は一見、撥ね付けられそうだけど、座ると一転、

身体にうまくフィットし、ほどよいクッションが見た目以上に優しさを覚えた。


f0220188_1851529.jpg

牟礼は、石の産出地なので、至る所に無造作に石が積まれていて、

そんなまちの中にある

イサム・ノグチ庭園美術館は、その意志を尊重して、作品、移築したアトリエ、作品蔵、

住居、彫刻庭園とか、生前に配置したままの環境を味わえる、いい意味で自分勝手な

空間を体感できる。

適度な緊張感と、緩和は、いつまでもいられそうな、一日中いたくなるような。

そういう系な美術館です。ぽかぽか陽気だったしね。

かなりおすすめです。

f0220188_18321173.jpg

イサムノグチは、このサークル状に配置された石積みの中で、作業していた。

あかり」はこう使うのかーっ、というのもわかったような。
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-05-22 18:53 | ::行ってきました | Comments(0)
4月成績
f0220188_21474171.jpg


4月の走行記録

大阪マラソンは、抽選の結果落選でした。

キャンセル待ちでのチャンスがあるようですが、、、。

今月は後半、記録を忘れたのか少なめです。


6日 ・・・ 11.0km

13日 ・・・ 15.0km

17日 ・・・ 15.7km

______________

計 41.7km

神戸マラソンは、5/20締め切りエントリーはお早めに。
[PR]
by yamamoto-archi | 2011-05-15 21:41 | +目指せ!フルマラソン | Comments(0)