神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
ようこそ!
at 2017-06-08 09:12
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
日干しレンガ
日本における古くからあり、今なお多く使用されている建築材料に

木材ともう一つある。それは土である。

その土を使った日干しレンガをつくってきた。

これはあるものを修復するために使用されるもので、その修復に

携わさせていただいている。

梅雨が明けた当日のひたすら暑い中、泥んこ遊びというような雰囲気で

ひたすら日干しレンガをつくっていく。


日干しレンガとは??

-------
日干し煉瓦は、粘土を固めた後に天日乾燥させて造る煉瓦である。よく成形して乾燥させた日干し煉瓦は、見かけ以上に耐候性に優れ、普及している地域には希な規模の集中豪雨や長雨に晒されない限り、建設資材としての機能を保持し続ける。地震に弱いという欠点もあるものの、乾燥地帯では理想的な建築材料の一つであり、現在でも広く使われている。
-------
f0220188_18575301.jpg
f0220188_18580390.jpg
粘土と砂を足で混ぜる。

今回は機械ではなく、伝統的な方法。

すなわち己の脚のみで捏ねていく。


不思議なことに、土に触れていると、いや、土と戯れていると、

身体の熱が土に奪われていくように涼しく。そして心地よい。

もちろん僕、やまもとも全身泥だらけなのだが、

作業中は夏の太陽のうだるような暑さほどには、

体には全然感じなく、皮膚感は涼しい。

これも蔵などの壁に土壁として土が厚く使われている理由が

身をもって知ることができる。

f0220188_18580758.jpg
捏ねた土は、木材で作った型枠に、空気が入らないようにつめていく。


f0220188_18582205.jpg
ひたすら、ひたすら入れていく。




f0220188_18582238.jpg
じゃーん!



f0220188_18582216.jpg
本日作ったのは総計、728個。

これでも入用の数からみれば全体の1/3程度なのである。





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-22 19:18 | ::材料 | Comments(0)
ミルクブッシュ
事務所にある、ミルクブッシュです。

別名:アオサンゴ(青珊瑚)

夏に入り、枝振りも広がっていい感じになってきました。

stemのマンゴーの木をくりぬいた鉢もマッチしてかっこいいです。

f0220188_17342519.jpg
f0220188_17342598.jpg


[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-17 17:35 | +goods | Comments(0)
her -世界でひとつの彼女-
f0220188_18165150.jpg

スパイク・ジョーンズ脚本・監督の

本年度のアカデミー賞のオリジナル脚本賞を受賞の作品です。

AI(人工知能)型OSに恋をする近未来のリアルな恋愛ストーリー。

Siriが生まれる前に発想したアイデアが、

今こうやって映画となって受け入れられること自体が面白くも不思議で、

主人公セオドアが他人に変わって家族や恋人に手紙を書く“代筆ライター”という

職業であるのも、いかにも皮肉にも感じ、価値観の多様性をほのめかしている。

探偵ナイトスクープで、マネキンに恋をしたり、貞子が理想のタイプという

依頼をみて免疫のある僕としては、

無垢に幸せそうな日々を過ごしているソオドアとサマンサには、

この後の話にくるであろう流れを想像して、不安や違和感を感じつつ、

ありがちにドキドキ、トキメキを楽しめる。だけど、予想通り二人の関係の行方が現実となっていく。

その部分は、心の揺れや、ぶれ、リアルと非リアルの行き来がすさまじく見事で

ていねいに感情を描いているなあと感心しながら観ていた。おすすめです!


神戸国際松竹にて






[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-12 18:29 | Comments(0)
新しい通報システム
ここはコンビニ。

事件が起きると、赤色灯が回転し、警報音が鳴り熱くなると、

雛鳥が尋常もなく鳴きはじめ、親鳥が騒ぎ出し、

道行く通行人に知らせ、警察へ通報される(予定)



f0220188_19210173.jpg


[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-09 19:22 | +日々のこと | Comments(0)
グランド・ブタペスト・ホテル
ウェス・アンダーソン脚本、監督の映画です。

ズフロフカ共和国という東欧にあるかのような架空の国の栄華を誇った

高級ホテル「グランド・ブタペスト・ホテル」を多層的に描く物語。

建物、デザイン、装飾、食べ物、音楽がなんとも素晴らしかった。

これではまた、東欧、中欧と行きたくなるではないか。

シネリーブル神戸にて。

f0220188_17133794.jpg





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-04 17:16 | +映画のある日常 | Comments(0)
事務所からの風景
f0220188_1635191.jpg



新緑溢れ、生命力あふれるこの時期の木々たち、植物は美しい。

新旧が混ざる緑のグラデーションが、子どもとおじいちゃんが日向ぼっこを

しているようにも見え実に微笑ましくもある。

事務所前を通る道路の街路樹は、バス道なので何年かに一度、

車体にあたらないように剪定をするため裸になるのだが、

力が有り余っているのか、枝がないため幹から葉が次々と纏わりつくように

湧き出てきて幹を覆い尽くす緑が、僕の目を保養してくれる。
[PR]
by yamamoto-archi | 2014-07-01 16:04 | +日々のこと | Comments(0)