神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
ようこそ!
at 2018-10-26 15:28
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2018年 10月
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:イベント ( 47 ) タグの人気記事
良いお年をお迎えください
今年一年も皆様のおかげでよい年になりました。

来年も様々な形でお世話になるとか思いますが、よろしくお願いいたします
残し少ない年内、ご自愛ください。

なお、山本建築設計事務所の年末年始の業務は、
12/27(日)~新年1/3(日)までとなっております。
1/4(月)から通常業務を行います。

よろしくお願いいたします。


[PR]
by yamamoto-archi | 2015-12-26 19:33 | ::お知らせ | Comments(0)
ボーダーブレイク -BORDER BREAK- へ
「ボーダーブレイク」-BORDER BREAK-とは

世界中から集まった珍しい熱帯植物が集まる展示即売のイベントなんです。

が、といっても、僕の好きな植物は、

多肉と呼ばれるジャンルの中の一部である塊根系などなどを

ちょっとかじった程度なので、実際に行くと、実に多彩でマニア度が非常に高くて

多種多様過ぎて、亜種である変種品種が所狭しと展示販売されていて、

なかなかすごく深く、、、deepな世界が広がっていました。

ですが、普段、雑誌や写真、ネットで見ていた植物が目の前にあったりと

すごく興奮しました。

実際目の前で見ると植物たちの表情やテクスチャーは実に複雑で魅惑的で、

ついつい引き込まれてしまいます。街中植物園に入った気分になります。

福島、“PINEBROOKLYN”にて
f0220188_15160167.jpg
f0220188_15160156.jpg



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-12-10 15:17 | +goods | Comments(0)
謹んで新年のご祝詞を申し上げます
f0220188_17551295.jpg

昨年はいろいろな方に支えられ無事一年を過ごすことが出来ました、
誠にありがとうございました。

本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。


なお、山本建築設計事務所の業務は1/5(月)より行います。
よろしくお願いいたします。


>山本建築設計事務所
>事務所プロフィール
>マイベストプロ神戸



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-01-01 19:11 | ::お知らせ | Comments(0)
内覧会へ
住宅内覧会へ

施主様のご厚意により見学会を開催されるということで、行ってきました。

f0220188_09292610.jpg
f0220188_09292776.jpg
f0220188_09292786.jpg
敷地の特殊性を生かした、楽しい住宅です。面積以上に広さを感じ、

住まい手の振る舞いにわくわく感がにじみ出る様子が想像できるいい住まいで、

なにより設計者の持てる能力を最大限に発揮していることがわかる

愛のこもった建物でした。

これだと施主様も幸せだなあと思いました。

中村x建築設計事務所に感謝御礼を申し上げます。





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-09-24 09:48 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
Future Beauty/不連続の連続~生活空間の詩/吉村順三展~チェコの映画ポスター/テリー・ポスター・コレクション
GW 休みの最後は京都へ。

最初、妻が発案した京都行ですが、便乗したのでてんこ盛りのプランになりました!

f0220188_10243360.jpg

京都国立近代美術館での


に始まり、

同館での、

Czech Posters for Films From the Collection of Terry Posters

そして、鴨川沿い、二条大橋袂にある、


を見学、堪能し、

f0220188_10243358.jpg

その後、渋滞地獄を警戒しながら、大原行き京都市営バス、

京都工芸繊維大学の60周年記念館で開催されている、


f0220188_10243306.jpg

これがまた、よかった。木造での教会が、工夫された展示でうまく

表現されていました。お勧めです!





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-05-13 10:38 | ::行ってきました | Comments(0)
夢の病院は家です
タイトルにも書いている「夢の病院は家です」という言葉は、

神戸、ポートアイランドにある

日本初の小児がん専門治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」

を設計した、手塚貴晴さんの言葉です。

小児がんを患う子どもの闘病生活を、家族で一緒に過ごすための“家”です。

あえて家といったのは、日本の法律では、こういった病院はカテゴライズされて

おらず、本来受けられるはずの援助や公的な補助がなく、完全に支援者たちからの

募金でまかなわれているようです。

あくまでこれは法的なテックニックですが、実際チャイルド・ケモ・ハウスでは

共同住宅に診療所が併設されているという形で設計され、運営されているようです。

f0220188_13514109.jpg
f0220188_13514498.jpg
f0220188_13514691.jpg
f0220188_13515025.jpg
f0220188_13515244.jpg
f0220188_13515417.jpg
f0220188_13515761.jpg


この施設を建築士のメンバーで見学させていただきました。

ご案内していただいた、代表の方の娘さんも小児がんで亡くされ、

お子さんが亡くなった後、闘病生活中に感じた、矛盾や、葛藤、過酷な状況に

置かれた、患者やその家族、兄弟の境遇に悩んでおられ、

少しでも闘病生活が改善されれば、という思いから、

NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス 活動に結びついているようです。

最初のそのお話に胸が痛くなり、本来の病気治療とは別のところで、

苦しまなくてはいけない境遇に居た堪れない思いになりました。

スローガンは「がんになっても笑顔で育つ」です。

実際、今は、がんは完治する病気です。ただ、その闘病生活は子供にとって

見えない敵との大きく、闘いです。それに子供の成長はアッというま。

本当ならお友達や、兄弟とも、外でおもいっきり走り、転んだり、大声を出して

遊びたい時期に、抗癌治療で免疫力がおちているため、外に行けなかったり、誰とも

会えないまま、その時期をやり過ごしていってしまうのです。

このチャイルド・ケモ・ハウスは、そんな家族含めての悩みを全部抱えて、

包み込んでくれそうな、とても懐の深い建物で、

明るくて、落ち着ける空間だと感じました。生活が楽しくなる工夫もたくさんあります。

わたし、山本も少しでもお役に立てればと思い、募金させていただきました。

f0220188_13515857.jpg


これは寄付をするといただけるチャイルド・ケモ・ハウスのキャラクターの

ストラップです。

これをかばんに付けて少しでも皆さんに知っていただく。

というところからスタートです。

もし、つけているのを見つけたらそれは私ですw

知ってる人が増えると、自然にこんな施設が必要なんだと思うはず、と

そう願うばかりです。







[PR]
by yamamoto-archi | 2014-04-19 13:55 | ::行ってきました | Comments(0)
餅つき
先日、私が関係しているマンションでの毎年恒例のイベントで

餅つき大会をしました。

いつもは年末に行われているこのい餅つきイベントですが、

今年は管理組合の部屋の改装お披露目をかねてのものでした。

早朝から万国旗を掲げ、お祭りの様相です。

f0220188_17533796.jpg

↑住民の方が摘んできた天然のヨモギ

f0220188_17533868.jpg

↑かぼちゃの餅も

f0220188_17534058.jpg

↑ヨモギのほか、ニンジン、ピーマン、紫いも、赤米(古代米)なんてのもありました。




本物の素材を使った、鮮やかな、華やかな餅がもちあがりました。

全部で30kgです!すごい量です。

僕も含めて若い?メンバーがフル回転で杵を振りおろし、

もちろん蒸器もフル回転し、

朝から始めてすべてつき終わったのが、日が傾きはじめていました。

この餅は袋に小分けされ、すべての住戸に振る舞われました。

そのあとはビンゴ等のちょっとした余興も行われ、

僕もビンゴの景品でビールをいただきました!


ただ、こういったイベントが行われているマンションはあまりなく、

これだけ住民が団結しているのは珍しいことです。


私が以前に集合住宅の大規模修繕工事での提案で、

無事修繕工事が終わり竣工した際に、

「工事中、住民の皆さんのご協力のおかげで当マンションも生まれ変わりました」

という名目で、

お祝いで記念樹を植え、マンション外構の植栽を住民皆さんで行いませんか?

と管理組合の会合で理事の方々の前でお話ししましたが、

反応は鈍く、曰く、あまり参加者が集まらない、という声が多く

住民参加のイベントが行われることがありませんでした。

自分の住まいである建物を大切にしてもらえるよう、

少しでも、何十分の一でも区分所有している自分の家を

知ってもらい、愛着もでればと思い。いつもどんな形になれど

提案をしています。

f0220188_17534163.jpg

f0220188_17534301.jpg


今回のこの餅つきイベントは愉しかったですし、残念ながら参加されなかった

住民の方ももちろんいらっしゃいますが、つきあがったお餅を各宅に配る

意味は計りしれない共存のかたちに見えました。

少しずつ和が広がればいいなと思ったイベントでした。







[PR]
by yamamoto-archi | 2014-03-26 14:45 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
「人は建築の向こうに何を見るのか」建築家、手塚貴晴氏による講演会
f0220188_17554087.jpg


「人は建築の向こうに何を見るのか」というテーマで、

建築家、手塚貴晴氏による講演会があります。

主催者のひとりとして、より多くの方、特に学生の方に来ていただくために

ジュンク堂書店三宮店、三宮駅前店の2店舗へポスターの掲示をお願いに行きました。

多数の著書があることを伝え、うまく平置きにしてもらったりと相乗効果を狙い

目立つ場所に貼っていただきました。

整理券での入場制限はありますが、無料ですのでこういった機会に、

建築を学ぶ、多く方に聴いてもらいたいと思っております。

技術云々より、建築をすることの意味や、喜びや、さあ、これからやってやろうという

ポジティブな気持ちになり、建築が楽しくなります。

f0220188_17573677.jpg


【講演会概要】

日時:平成26年4月26日(土)14:30~16:30
会場:神戸市産業振興センター9階
   定員100名 入場無料・申込不要
題目:「人は建築の向こうに何を見るのか」

詳細は、兵庫県建築士会神戸支部青年部会HP へお願いいたします。






[PR]
by yamamoto-archi | 2014-03-25 18:17 | ◇ご紹介 | Comments(0)
神戸マラソン走ってきました!
練習不足で出走した神戸マラソンですが、完走、そして、結果は、

4:36:03

実は昨年の大阪マラソンより10分以上良いタイム。

完走するとこんなメダルもいただけます。

f0220188_09421935.jpg
もちろん、苦しくて苦しくてたまんないですが、

一年に一回ぐらいはこんな経験をしておいた方が、自分の程度を知るのによい機会だと思っております。

どうせ苦しいのは長くて5時間。

短い時間だし、終わるのがわかっているフルマラソンのしんどさ。

先の見えない、仕事の生みの苦しみに比べれば、楽なもんだと実は思うのです。

そんな、イイ意味での楽観、精神状態が、結果のタイムに現れるのが不思議なもんです。

ちょっとしたポジティブシンキングで、10分のタイム短縮につながるのがマラソンの面白さです。

これでも途中、足、腰が痛くなり、歩くこともあったので伸びる余地、伸び代が、あるのが解り

達成感と共に、悔しさも残る。

その反省をする時間も蓄えているのが、マラソン、ジョギングの醍醐味かと。

走りながらも、振り返ることもできる。

f0220188_09421908.jpg
f0220188_09421996.jpg
f0220188_09421929.jpg
スタート地点の瞬間もなかなか普段味わえない、緊張感と、不安感。

後ろにも無数のランナーたち。

気持ちが高ぶり、手なんかも振ってしまいます。

写真は見えにくいかもしれませんが、有森裕子さんと、朝原宣治さん。

途中、濱中治さんと、ウルフルケイスケさんというフレンドシップランナーの

謎の組み合わせ+人選の方々を抜き、そして、声をかけさせてもらいました。
f0220188_09421943.jpg
ちょうど、40km手前地点の普段車でしか通れない神戸大橋を越える坂が最後の難関。

車なら数十秒のところを何十分もかけて一歩一歩走る。

景色も流れるようには変わりません。

実は自分の住むまちはこんなスケールだったと感じる。

知らないまちをはしる大阪マラソンもよかったですが、よく知るまちを走る神戸マラソンも

一日たった今日もよい疲労感と一緒にじゅわっとよみがえってきます!







[PR]
by yamamoto-archi | 2013-11-19 10:06 | +目指せ!サブフォー | Comments(0)
永く住み続けられる住まいづくり 『舞子の名建築に学ぶ住まいの庭』
f0220188_10151521.jpg

f0220188_10193228.jpg



神戸市の舞子の兵庫県立舞子公園内にある「旧木下家住宅」という建物があります。

もともとは又野良助氏が私邸として

昭和16年に竣工した数寄屋造近代和風住宅ですが、

昭和27年に木下吉左衛門氏が所有し、

平成12年に故木下吉治郎氏のご遺族から兵庫県が寄贈を受けた建物で、

阪神大震災以後、姿を消しつつある阪神間の和風住宅のなかでも

創建時の屋敷構えをほぼ完全に残すとても貴重な数寄屋建築で、

主屋・土蔵・納戸の3棟が国の登録有形文化財に登録されています。

その中の、前庭と中庭も創建時の庭造りの様子が残っていて、

2009年から一般公開されていますが、私、山本も行きたいと思いつつ

なかなか行けずに今日にいたっています。

(来週出場する神戸マラソンのにコースに組み込まれているのでニアミスはしますが…)

この旧木下家住宅の建物、また、主に庭園を「舞子の名建築に学ぶ住まいの庭」と称し、

建築士と学び、語る、体験型けんちく教室が行われます。

開催日: 平成 25 年11月16日(土)13:30~16:00
集合場所: JR 舞子駅・改札口前にて受付(13:00~13:20)
会場: 国登録有形文化財・旧木下家住宅(JR 舞子駅より徒歩5分)
定員: 20名
参加費: 500円(入館料を含む) 子ども(小学生以下)無料

詳細は、建築士と考える住まいスクールHP(兵庫県建築士会神戸支部内)

申し込みもこちらです。
定員が20人を超えると締め切りなので、お早めに申し込んだ方がよさそうですね。

舞子公園 旧木下家住宅


f0220188_10152012.jpg


募集案内パンフレット
f0220188_10152167.jpg

f0220188_10152445.jpg

[PR]
by yamamoto-archi | 2013-11-12 10:20 | ::お知らせ | Comments(0)