神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
ようこそ!
at 2018-10-26 15:28
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2018年 10月
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:旅行 ( 24 ) タグの人気記事
本日の収穫
旅先で見つけたアンティークのマラカス。

乾いた音色が、心を軽くしてくれる

これから活躍してくれるだろうか
f0220188_17573871.jpg

[PR]
by yamamoto-archi | 2015-05-18 17:59 | +goods | Comments(0)
久美浜にて -あかまつ-
あかまつに初めて乗車しました。

鉄道おたくではないですが、この北近畿タンゴ鉄道 のあかまつをはじめとする

「まつ」シリーズにおおきな魅力と、一日一本、走行する路線が決まっている、

この「わざわざ感」に贅沢と日常の楽しさを感じます。
f0220188_19103866.jpg
f0220188_19103852.jpg


この「贅」には、極上の日常をテーマに建築設計をしている私山本には共通点が多くあり、

以前からチェックしていて、今回乗車する機会を得ました。

あくまで日常の延長上で、普通を追求した中に贅があるという絶妙なバランス感覚が

住宅に限らず建築には必要であるため、ぜひとも体感したかった鉄道でした。

くろまつにも乗車する予定でしたが、どうしても予定する時間とダイヤとがあわず今回は

断念しましたが、こういった諦めと、次回への楽しみをとっておく感覚は、

何十年という時間のスパンを考えて設計をする建築とシンクロして

重要な感覚だと思っております。

久美浜にてくろまつとすれ違ったときには、また今度な。と言っておきました。

f0220188_19103874.jpg


[PR]
by yamamoto-archi | 2014-11-08 19:14 | ::設計の考え方 | Comments(0)
ティム・バートンの世界 sanpo
今年の5月にチェコのプラハへ行っている時に、

ちょうど旧市街広場のギャラリエで開催中だった

ティム・バートンの展覧会が11月から日本、森アーツセンターギャラリー

で行われるようです。

来年には大阪、グランフロント大阪のイベント・ラボでも巡回されます。

f0220188_14553493.jpg

旧市街広場でチェコビールを飲みながら、暖かい午後をゆったりと過ごしながら、

プラハででは入るのを惜しんで帰ったのを思い出しました。

ぜひ、来年の大阪会場では行こうと思います。

f0220188_14553784.jpg
f0220188_14553964.jpg
f0220188_14554275.jpg



[PR]
by yamamoto-archi | 2014-10-17 15:42 | +art | Comments(0)
Future Beauty/不連続の連続~生活空間の詩/吉村順三展~チェコの映画ポスター/テリー・ポスター・コレクション
GW 休みの最後は京都へ。

最初、妻が発案した京都行ですが、便乗したのでてんこ盛りのプランになりました!

f0220188_10243360.jpg

京都国立近代美術館での


に始まり、

同館での、

Czech Posters for Films From the Collection of Terry Posters

そして、鴨川沿い、二条大橋袂にある、


を見学、堪能し、

f0220188_10243358.jpg

その後、渋滞地獄を警戒しながら、大原行き京都市営バス、

京都工芸繊維大学の60周年記念館で開催されている、


f0220188_10243306.jpg

これがまた、よかった。木造での教会が、工夫された展示でうまく

表現されていました。お勧めです!





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-05-13 10:38 | ::行ってきました | Comments(0)
GW
f0220188_10140021.jpg

GWを含めて当分の間、山本建築設計事務所はお休みをいただき、

研修旅行で欧州(プラハ-ウィーン)へ行きました。

そこで体験、経験、得たものは、いづれ当ブログに記事として、

そしてまた今後の設計業務に生かされることだと思います。

少しですが旅行の様子は、FaceBook にもアップしました。

ご興味があればご覧いただければと思います。




[PR]
by yamamoto-archi | 2014-05-13 10:15 | +日々のこと | Comments(0)
金沢 鈴木大拙館
5年ぶりの金沢でした。

以前いった時よりも暖かく、そして雪もなくとても過ごしやすく、移動も楽な旅でした。

時には、建築を見、その土地の物を食べ、そして温泉にも入るというのが必要ですね。

これが次への設計、デザインのとても大きな糧となり、ひいてはお施主のためになるのだと

大きな大義を背負い行ってきました。大げさですかね。。。

今回の旅行は5年前に行ったときにはなかった建物、鈴木大拙館へ訪れることが目的でした。

結婚式のパーティーの二次会に出席し、

いろいろな方と会うのが大切なひとつ目の目的でしたが、

ここでは建築訪問を優先して書いてます。

この谷口吉生設計の鈴木大拙館。規模は小さいながら谷口吉生氏の特徴が随所に

みられる素晴らしい建物でした。

ちなみに、

谷口吉生氏設計の主な建物を一覧すると

ニューヨークのMOMAは、延床面積 60,970m2

東京国立博物館の法隆寺宝物殿、4,031m2

丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館、8,000m2

豊田市美術館は、11,120.75m2

そして、

鈴木大拙館 631.63m2

となり、圧倒的に小ささが目立つ。

おかげで短い時間ながらすべてを体感できました。

鈴木大拙の言葉で綴る展示も、少しの二日酔いと少しの寝不足の

乾いた頭にもすぅーとしみこむ思いでした。

f0220188_19553768.jpg
f0220188_19553523.jpg
f0220188_19553165.jpg
f0220188_19552858.jpg
f0220188_19552621.jpg
f0220188_19552406.jpg
f0220188_19552125.jpg
f0220188_19551955.jpg
f0220188_19551788.jpg


夜にはしっかりとノドグロと地酒吉田蔵で、金沢を堪能しました!




[PR]
by yamamoto-archi | 2013-12-11 20:00 | ::行ってきました | Comments(0)
高野山金剛峰寺
高野山金剛峯寺へ

言わずと知れた高野山真言宗の総本山である

とはいえ、実際高野山へ行くと、お寺はどこか境内はどこか、となるが

山自体が境内であり「一山境内地」といい、山のいたるところに、お寺の院が

点在してるということになる。

想像以上に神戸、西宮からだと道のりが長く、

ホントお恥ずかしい話だが実際に行くまで、

高野山金剛峯寺があるのは奈良県だと思っていた。

住所は和歌山県伊都郡高野町高野山600番地とあるので、

奈良県との県境で、ちゃんと和歌山である。

この辺の詳しい地理感覚はいくつになってもなお、おぼろげなまま進歩しない。

ただ、こういったところに霊場といった名や、やや若干緩い表現であるが

パワースポットといった場所に結びついているのかなと思う。

少し脚を踏み入れるには心の抵抗があるのを、

昔から日本人は感じ取っていたのかもしれないし、

場所をつくりあげてきたのかともいえる。

高野山へ行こうと思ったひとつの理由に司馬遼太郎著“空海の風景”を読み、

読み終えたタイミングだったこともあり、

そして、平成27年にはこの高野山の開創1200年にあたり、

その瞬間にむけて様々な法会がおこなわれていることもあった。

“空海の風景”を読むと、いかに真言宗が他の仏教に比べて特異で

あることがよくわかる。密教である真言宗の仏や菩薩たちは宇宙なので、

無理解で難しいことがよくわからない僕の頭で解釈すると、なんでもありという

答えが出てきそうだが、他と比較しても実践的、実際的な宗派なのが特徴である。

そんな雰囲気は、道中、南海電車高野線~高野山ケーブルと何気なく道のりは

進むが、その高低差とどこに連れて行かれるのか。

観光で来ている外国人が目に入ってそう感じているだけかもしれないが、

異国へきたような気分にしてくれる。

その隔離された土地はまさしく宗教都市であった。

f0220188_15264560.jpg


f0220188_15264884.jpg

うつむき加減の高野山ケーブルのヘッドライトがかわいい

f0220188_15265120.jpg

世界遺産に認定されると、こういった看板が御目見する。わかりやすい
スカイツリーより高いっ!とか

f0220188_15265342.jpg

警察署の建物も小院のようだ

f0220188_15265789.jpg

奥の院への参道が千年の年月が一番感じられる。
ぜひ奥の院には訪れていただきたい。
弘法大師御廟は撮影禁止なのでここには写真がない

f0220188_15265922.jpg

亀にみえた

f0220188_1527285.jpg


f0220188_1527457.jpg


f0220188_1527794.jpg

根本大塔から金剛をみる

f0220188_1527977.jpg


f0220188_15271036.jpg

写経も心が洗われ自分の弱点が見つかるような気がするのでぜひ

f0220188_15271289.jpg

司馬遼太郎著“空海の風景”これを読み行きたくなった
[PR]
by yamamoto-archi | 2013-05-09 15:23 | ::行ってきました | Comments(0)
建築旅行 -瀬戸内国際芸術祭-
この夏、旅行で直島、豊島、犬島、小豆島をはじめとする島で開催される

瀬戸内国際芸術祭”を訪れようということで早速、計画をたてはじめています。

情報によると、夏休み期間は非常に込む為、宿泊をはじめとして、施設予約や、

旅程計画もしっかりしていないと(2泊3日を予定)、待ち時間に費やされてしまう

ようなので、

行く前が不思議と楽しい、僕にとってはこれは、しないと。という感じ。

f0220188_13321889.jpg


で、こんな時はなぜかアナログ的で、まずは、交通手段と宿泊場所を決めるための

直島を知ることから。

ということで、情報を集めてます。

これも、購入!
「美術手帖 瀬戸内国際芸術祭 公式ガイドブック」
[PR]
by yamamoto-archi | 2013-04-03 13:34 | +日々のこと | Comments(0)
足湯
城崎温泉へ

といってものんびり日頃の疲れを取りにの、温泉三昧ではなく、

日帰り約6時間程度の滞在でした。

f0220188_14115372.jpg


日和山海岸にある城崎マリンワールドにニアミスし、城崎温泉駅にある足湯に、

カニカニエクスプレスこと特急はまかぜに乗車するまでの10分ほど堪能しただけ。

f0220188_1411551.jpg


友人の結婚式でしたが、十分に祝うことができたのか不安なスケジュールだなあ。

まるで勇者のようだ

f0220188_14115793.jpg


これなら大丈夫か
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-12-17 14:15 | +日々のこと | Comments(0)
水口酒造
松山へ行ったおりに、酒蔵へ足を運び、選んだ原酒。

f0220188_10361458.jpg


親切にもたくさんの蔵出しのお酒を試飲させていただいたので、

吟味して選ぶことができた。うーん満足。

道後温泉という観光地があるため、お酒にも道後というネーミング

蔵元限定だそうで、ガツンとした飲み口にやられました。

f0220188_10361687.jpg

f0220188_10361746.jpg


水口酒造

仁喜多津(にきたつ)という看板お酒も、日本語の音の響きといい

おいしかったですよ。

旅先では、おいしいそして地物のお酒を求めて蔵元に行くのが恒例になりつつあります。
[PR]
by yamamoto-archi | 2012-09-28 10:38 | +food | Comments(0)