神戸市にある建築設計事務所の仕事と日常を発信/一級建築士
by やまもとこうじ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
::プロフィール
::お知らせ
::ケンチクニュース
::プロジェクト進行中
::設計手法
::設計の考え方
::行ってきました
::材料
◇ご紹介
◇Q&A
◇リンク
+green
+art
+目指せ!フルマラソン
+目指せ!サブフォー
+映画のある日常
+food
+book
+日々のこと
+goods
+Photo
リンク
外部リンク
お気に入りブログ
大阪市内から、暮らしやす...
WineShop FUJ...
大塚工務店の仕事
使える「デザインセミナー」
ベランダ砂漠園芸
Atelier Bota...
くらしのポケット
kachuaな日々
GREEN GUERRI...
HOMEWARD FUR...
お豆研究所 bundy ...
保育園の園舎建築の設計専...
最新の記事
2018年 冬季休暇(正月..
at 2017-12-29 12:47
ようこそ!
at 2017-06-08 09:12
植物インスタ始めております
at 2017-06-08 09:12
2017年 冬季休暇(正月..
at 2016-12-29 18:09
OK邸
at 2016-09-24 17:16
2016年 夏季休暇(お盆休..
at 2016-08-12 13:21
文化財調査
at 2016-05-28 18:24
CGパース
at 2016-03-12 13:51
岡本梅林公園
at 2016-02-23 14:46
良いお年をお迎えください
at 2015-12-26 19:33
最新のコメント
フルマラソン完走、お疲れ..
by はやし at 15:43
こんにちわ 書き込みあり..
by yamamoto-archi at 12:05
見学会来てくれてありがと..
by 森畠吉幸 at 13:57
久しぶり! たしか、同..
by yamamoto-archi at 08:59
なんとなくネット見ててミ..
by 豊岡市 at 12:21
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
タグ
検索
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:設計 ( 39 ) タグの人気記事
OK邸
【OK邸】

神戸市灘区
住宅 木造2階建 106.50m2
夫婦+子供二人(息子・娘)

間口狭小、変形、旗竿の条件が重なった住宅の計画です。

f0220188_17130207.jpg








[PR]
by yamamoto-archi | 2016-09-24 17:16 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
文化財調査
f0220188_18225883.jpg

文化財発掘調査です。

計画敷地が遺跡が発掘される可能性があるので、ある程度基礎を深くなる場合に

事前に市の文化財課による調査が必要なことがあります。

結果は、

何も出てきませんでした!

遺跡が予想される年代のものが、数万年前に堆積された層まで調査しても出てこないと

判断されました。

これには我々にとっては、“ホッ”とする場面で、

文化財の担当者的には残念といった感じでしょうか。

実際に遺跡があると判断された場合には、

この計画自体が本調査の為に延びて遅れてしまいます。

これで、ひとつのハードルがクリアしました。

f0220188_18225655.jpg


[PR]
by yamamoto-archi | 2016-05-28 18:24 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
CGパース
現在進行中のプロジェクトのCGパースを外壁メーカーにつくっていただきました。

画像はお見せできないので、フィルターをかけておりますが、

簡単に短い期間で、詳細な指示がないなかでつくっていただいたにも関わらず、

その割には、イメージを伝えるのには十分すぎる出来でした。

数パターンを、当事務所の選色と配色し、また施主の好みを配色したもので製作し

見比べてもらいながらご意見をいただく。

概ね感触がよく、建物形状も模型とは違った切り口で理解していただけました。

f0220188_13510257.jpg




[PR]
by yamamoto-archi | 2016-03-12 13:51 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
省エネ住宅はあたりまえです
住宅省エネルギー設計技術者修了証が送付されてきました。

f0220188_11402589.jpg

建物をいかに省エネルギー的に、経済的に、環境的に、

人間的、都市的視点で、

地球資源的に、地域資産、地球資産的に、

といった多角的な方面から検討し、有益な形で設計、建設することは、

昔から行われてきたのだけど

いつのころからか、経済活動の一部として歯車に乗ったことから、

建物が絶対的な存在ではなくなってきて、

それは建物が国家の権威を示す代用品となっていたことから

考えるとむしろ喜ばしく、素晴らしいことであるけれども

一方で建物が、

崇高な技術、知識、経験の上で成り立っているということも忘れてはならない。

この講習が無駄とは言わないけれど、

こんな講習が不必要になるほど、エネルギー的に自律した状況になるように

設計し、施工し、暮らしていくことが、また、起きて、食って、屁ぇこいて、寝ることが

設計者だけでなく、みんなの理想になるように設計します。

神戸市灘区の設計事務所、山本建築設計事務所からでした。



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-11-27 11:43 | ::お知らせ | Comments(0)
プレゼン模型作成
久々のプレゼン用の模型作成です。完成しました。

日常の業務の合間での作成で、時間のない中での作業となりましたが、

なんとか間に合いました。

これから最後の仕上げ後、撮影に入ります。

f0220188_18253338.jpg
f0220188_18253893.jpg
f0220188_18254059.jpg
f0220188_18254354.jpg



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-09-14 18:28 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
K大学 ラーニングコモンズ+カフェ棟 コンペティション
某大学で新たに新設を行う、ラーニングコモンズとカフェ、さらに送迎用バスのバスステーションが併設される建物のコンペティション(設計競技)のプレゼンテーションです。
3つの相互利用が活発に行われることが狙いであることが重要で、個々の利用環境を最大限に高めながら、お互いを緩やかに区切り、線分けし、またさらにセキュリティーや安全性をも求められます。
つかず、放れず。空間同士の関係性を追求し、学生の動線も考えながら計画しますが、学生個々の行動を意図的に誘導は出来ないですし、すべきでもなく、思い思いの行動が知的な、創造性豊かな方向に向かうような計画を行いました。

ラーニング・コモンズとは?
複数の学生が集まって、電子情報も印刷物も含めた様々な情報資源から得られる情報を用いて議論を進めていく学習スタイルを可能にする「場」を提供するもの。その際、コンピュータ設備や印刷物を提供するだけでなく、それらを使った学生の自学自習を支援する図書館職員によるサービスも提供する。
(文部科学省:用語解説より)

[PR]
by yamamoto-archi | 2015-04-02 10:36 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
見学会
f0220188_10380851.jpg

f0220188_10160297.jpg

f0220188_10161462.jpg
f0220188_10160838.jpg

f0220188_10161098.jpg

f0220188_10161242.jpg



MUJI×URのリノベーションを拝見しました

都市再生機構、URと

日用用品から、新築の住宅まで取り扱っている無印良品が行っている

「 MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」で

リノベーションした物件を見学させて頂きました。

元は、日本住宅公団が整備した住宅、いわゆる公団住宅で、

今回は昭和40年代につくられた、住宅団地の階段室型の一室を

リノベーションした賃貸住戸です。

3戸拝見して、それぞれ三者三様であった元の住戸が、

無印良品の取り扱っている家具や小物が映えるような

設計、仕様になっていて感心しました。

また、昨今の風潮として多種多様の価値観や生活スタイルに対応するために、

何をプラスするか、システムを、組み込むか。

というのがミッションとなっていたような気がしますが、

このMUJI×UR団地リノベーションプロジェクトでは、住宅部分に関してだけ言えば、

いかにそぎ落とすか、無駄をなくすか、「あれば便利」の大部分を住居人に

ゆだねているのが潔くてよかった。

もちろん、こういった考え方、スタイルの住宅はあったけれども、

世界最大規模の不動産会社のURと

元はといえば、

既存ブランドに対する対抗(アンチ)を基本コンセプトに生まれた無印良品が

こういった、古いものはこんなものだということをそのまま受け入れ、

それを生かした潔い空間をつくったのは賃貸の物件とはいえ、

新たなスタンダードとしていろんな形で広く浸透するのではないかと思います。



[PR]
by yamamoto-archi | 2015-02-18 10:43 | ::設計の考え方 | Comments(0)
一園一室木のぬくもり推進運動
今、申請し現場進行中です!

f0220188_17524508.jpg
f0220188_17524537.jpg
大阪府内で成長し、製材された「おおさか材」をこども達が生活する場で

本物の木を使ってもらい、無垢の木の良さを五感で感じていただきその良さをPRし、

また、大阪の森が元気になるプロジェクトです。

こどもの育つ場所、主に、保育園で採用してもらい、木育にも寄与しています。

おおさか材を採用するにあたり補助をうけて採用しています。

私、やまもともそうですが、「木のぬくもりサポーター」が地域相談窓口として活動し、

支援して頂きました。



[PR]
by yamamoto-archi | 2014-12-17 18:05 | ::ケンチクニュース | Comments(0)
建具-施主支給-
現在設計中の保育園でのひとコマ。

f0220188_14443292.jpg

施主がギャラリーにて展示されていたこの扉をぜひとも

取り付けたいということで、購入したそうで、見させていただきました。

どこに取り付けるかというのも深く考えず購入されたようで、

打合せの結果、今回はトイレの扉になりました。

この扉が、子供たちが催すごとに目にすることになる。

トイレに行くことが楽しくなりそうな、そんなトイレになりそうです。



[PR]
by yamamoto-archi | 2014-05-24 14:47 | ::プロジェクト進行中 | Comments(0)
子どもが利用する施設の内装木質化を進めています
f0220188_18010697.jpg


保育園や幼稚園、住宅、店舗などの、

こどもや親子、家族が利用する施設の内装木質化を進める

「一園一室木質化運動」に取組んでいます。

また、子どもの頃から木材に接することにより、その良さを体感し、

森林の大切さや木材に対する理解を深めるために、企業や団体、

市町村等とネットワーク化を図り、「木のぬくもりネット」活動を

進めていくことになりました。


当山本建築設計事務所は、「木のぬくもりネット」サポーターとしてこの活動を応援し、

支持しています。




「一園一室木質化運動」では、大阪産の木材利用促進の目的で、

保育所に内装木質化の補助金を出す制度があります。



そういった似た制度は、当事務所がある兵庫県にも用意されており、


といったものがあります。

国内林業の衰退を防ぐために各自治体が工夫をし、

地産地消の促進の補助金制度を行っています。





[PR]
by yamamoto-archi | 2014-02-07 12:11 | ::設計手法 | Comments(0)